冷え性の人はタンパク質を多めに摂るといい?

冷え性の方にとって、寒い季節はつらい時期です。特に女性の方に“冷え”でお悩みの方が多いと思います。

対策として、食材ではニンニクや生姜などの根菜類が有力ですが、栄養素として“タンパク質”を多めに摂ることも効果的です。タンパク質というと筋肉などを作る材料というイメージがありますが、それだけではありません。タンパク質が胃で消化される時や、分解されてできたアミノ酸が肝臓で更に分解される際に、たくさんの熱が発生します。この熱によって身体の内側から温められるという効果もあるのです。

また、筋肉量が少ないと身体が熱を生み出しにくくなります。運動をしていない状態の時でも、身体は熱を生み出しています。しかし、筋肉量が足りないとその熱も少ししか作られません。普段から運動をする習慣をつけて、必要な筋肉を維持することも大切です。寒いから動かない→動かないと筋肉が減る→筋肉が減るから寒さを感じやすくなる・・・と悪循環に陥ってしまいますので注意です。

寒い時期は鍋料理などが美味しい季節です。お肉や魚介類などタンパク質たっぷりの食材をふんだんに使った鍋料理などで、身体の内側から温めるのも良いでしょう。

『年を取ったから、肉や魚はあまり取らなくていい』というのは、大きな間違いです。長生きしている元気なお年寄りは、往々にして肉や魚もしっかり食べています。

ムコ多糖タンパク含有食品「バイオコーブン」「センテナリアン倶楽部」は、ムコ多糖の複合体として、良質なタンパク質も含んでおります。

また、冷え対策は“血流”を良くすることも必要ですので、血管の主要成分であるムコ多糖をしっかり摂って、血管を柔らかくしなやかに保ちましょう。血管養生することで、冷え対策は万全となります。