足湯で身体を温め免疫力をアップする

温泉地へ行くと必ずと言っていいほど足湯の施設があります。くるぶしあたりまで温かい湯につかっていると体全体が温まってきます。昔から、“風邪の引き始めに足湯をすればひどくならない”と言われています。ぜひ、自宅でも足湯をしてみてください。

自宅での簡単なやり方を紹介します。まず容器は熱湯に耐えられる材質のものを2つ用意します。一つは、自分の足よりもひと回り大きいもの、もうひとつは、更にそれが入る大きな容器。大きい方の容器には熱湯を少しだけ入れます。その中へ小さい方の容器を入れて両足を入れ、くるぶしあたりまでお湯を入れます。これでいわゆる湯煎の状態になります。

足をつけているお湯が冷める前に熱湯を外側の大きな容器に注ぎ足せば、小さい容器の温度を一定に保つことができます。温度は熱めのお風呂くらいにします。冬の時期は最初温めでだんだんと熱くしていくと良いでしょう。一日10分くらいが目安です。

身体を温めることが大事だということはよく言われているので、毎日体温を計っている人もいると思います。36度5分ほどあれば一番良いです。しかし、わきの下で測定した体温はそれくらいあっても、足が冷えているという人は結構います。足にはいろいろな神経が集中していて東洋医学で言うツボもたくさんあります。冷えるというのは血流が滞っているということなので、足の冷えは全身に影響を与えます。

お湯の中に好きなハーブや薬草を入れるのもいいでしょう。自然塩や岩塩を入れるという人もいます。その辺りは好みに合わせてください。

そして、足湯から上がったら白湯を飲んでください。温かさが持続します。足先が冷えて眠れないという人は、就寝前に足湯をするといいでしょう。

これから暖かくなってきますが、血行を良くするためには、春になっても夏になっても続けて構いません。そして、ムコ多糖もしっかり摂れば、血流は更に良くなり、足先もポカポカで全身温まるでしょう。