音や音楽で心を癒し、安らぎを感じる no.2

 がん治療でも、抗がん剤や放射線治療はきつい副作用に苦しむ人がたくさんいます。しかし、音楽を聴いていると心が落ち着いて、副作用も軽減するそうです。

 音楽療法の前後で心電図を取るという研究が行われたことがあります。ほぼ例外なく心拍数が減ります。副交感神経が優位になってくるのです。副交感神経が優位になれば免疫力が高まるという報告もあります。

 音楽療法とは、個人の好みの音楽を聴くのではなく、音楽のもっている機能を利用して心身を健康にしようというものですが、あまり固く考えずに、気持ち良くなる音楽を聴けばいいのではないでしょうか。

若い頃、すてきな恋をしていたときに流行っていた音楽を聴けば、当時のときめきが思い起こされるはずです(このときは一時的に心拍数が増えるかも!?)。それだけでも免疫力は高まるに違いありません。

そして、音楽を楽しむためには、幾つになっても音をしっかりキャッチするために、耳のケアも意識してください。それにはムコ多糖の摂取をお忘れなく。ムコ多糖は難聴の治療薬にも含まれていて、音の信号を捉える細胞(有毛細胞)を修復させる働きがあります。

 音楽によって心を落ち着かせて免疫力を高め、心と身体を豊かにする生活をお送りください。

ランキングに登録しております。よろしければクリック願います。

2021年9月14日 | カテゴリー : , 質問 Q&A | 投稿者 : エヌティコーブン