ブログ一覧

インフルエンザの予防には、質の良い睡眠とムコ多糖

ランキングに登録しております。よろしければクリック願います。

新型コロナウイルスの感染症、またアメリカではインフルエンザによる死者が1万人を超えるなど、新しいニュースが刻々と報道されています。これほどインフルエンザなどのウイルスによる感染症に関心が集まることは、今まではなかったと思います。

さて、『睡眠不足が続くと、風邪やインフルエンザに罹りやすくなる』ということは承知の人も多いと思います。仕事が忙しくて寝不足が続いた時などに、うっかり風邪に罹ってしまったという経験をした人もいると思います。逆に、ちょっと風邪気味の時などに、いつもより早めに床について睡眠時間をたっぷり取ることで、翌日はスッキリ治っていたという経験をした人も多いはずです。

実際にアメリカで行われた研究でも、平均睡眠時間が5時間以下の人は、7時間以上の人と比べて、風邪にかかる確率が2.5倍も高かったというデータがあります。この2時間の差で倍以上の影響が出てしまうのですから、睡眠がいかに大切なのかがわかります。

風邪などの菌やウイルスに対する抵抗力【=免疫力】は、主に睡眠時に分泌される “成長ホルモン”によって維持・強化されています。成長ホルモンとはその名の通り、成長期の子どもの発育を促進する働きがありますが、大人でも細胞の新陳代謝を促したり、傷ついた細胞を修復して若さを保ち、免疫力を高める働きをしています。

但し、加齢とともに分泌量は減少してきてしまうため、若い時以上に質の良い睡眠をとることを意識する必要があります。睡眠不足が続いて成長ホルモンがしっかり分泌できないと、免疫力が落ちてしまい風邪やインフルエンザに罹りやすく、また治りにくくなってしまいます。

更に、しっかり睡眠を取らないとウイルスに対抗するための抗体が、身体の中でうまく作られないため、睡眠不足によってワクチンの予防接種効果も十分に発揮されないという研究も発表されています。このことからも睡眠と免疫は密接に関係していることがわかります。

これから予防接種を打とうとしている方や、今まさにインフルエンザで苦しんでいる方もいるかもしれませんが、いずれにせよ、まずは充分に質の良い睡眠を取るようにしてください。

また、『ムコ多糖を摂り始めて、夜グッスリ眠れるようになりました』という感想を多くいただきます。ムコ多糖によって血管養生が行われると、自律神経からの信号に順応しやすくなり、スムーズに眠りの体勢に入ることができるためです。質の良い睡眠を得るためには、ムコ多糖がお役に立てます。

それから、ムコ多糖によってのどや鼻の粘膜強化が行われれば、風邪のウイルスも粘膜でブロックされるので、容易に身体の中へ侵入できなくなってきます。粘膜のヌルヌルの正体はムコ多糖によるものです。ぜひ、その点も意識して、まだまだ続く風邪の季節に備えてください。

2020年2月14日

ほどほどで良しとするのが最高のストレス対策 vol.2

よろしければクリックをお願いします

テレビにも出演されている生物学者の池田清彦先生(早稲田大学名誉教授)が『ほどほどのすすめ』(さくら舎)という本を出しています。この本に書かれていることは、生物界は弱肉強食で強いものだけが生き残るように見えても、実は両者がバランスを保って生存しており、増えすぎた集団はイナゴの大群のように一気に滅んでしまうそうです。国でも企業でも、もっと大きくなろうと発展させるために突き進んでいくと、その行き着く先が破綻だったりします。先生の主張は“何でも大き過ぎず、ほどほどにしておくのがいいよ”というものです。

 健康も“検査数値全てパーフェクト”を求めてしまって、一つでも基準値を超えると、それが大変なストレスになったりします。ある年齢になったら少しは身体にガタがくるのは当たり前で、血圧も高くなるだろうし、コレステロールや血糖値だって高めになります。おしっこも出にくくなるし、目も耳も悪くなる…。でも、それでいいと思っているくらいがちょうどいいのかもしれません。

 そんな気持ちでいられる人は、実はストレスとの関わり方が上手な人で、小さな病気はしても大病はせずに、結果的に長生きができる。どんなこともほどほどで良しとする。それが一番のストレス対策かもしれません。人付き合いにおいても、ほどほどのいい人になればいいのです。

2020年1月22日

ほどほどで良しとするのが最高のストレス対策 vol.1

よろしければクリックをお願いします

病気になる原因の一番は“ストレス”であるかもしれません。ローレンス・ルシャンというアメリカの心理学者は、『がんになりやすい人の性格』として『辛抱強い人・反抗心を押し殺す人・自分に対する評価が低い人』を挙げています。

誰にでも、少なからずそういう傾向はありますが、それがあまりに大きすぎると、自分の中で処理できないほどのストレスになって病気を発症してしまうのでしょう。

 世の中には、“いい人”だと思われたい人がたくさんいます。そういう人は辛抱強いし、反抗的な態度は自制するし、まだまだ自分はダメだと自分を評価しません。それがプレッシャーになって心の中にストレスをため込んでしまいます。“いい人”と言っても、どんな人がいい人なのか一言では言えません。でも、だいたい病気になる人は、“いい人”のハードルが高くなりがちです。

ちょっと人を不愉快にさせると「申し訳ないことをしてしまった…」、仕事でノルマを達成できないと「もっとがんばらないといけない、努力が足らない…」と自分を責めます。そして、病気になると「自分の生活習慣が悪かった…」「性格が良くないのかも…」とまたまた自分を責めてしまいます。

いい悪いは別にして、何でも人のせいにする人は意外と病気にならなかったりします。誰かが大病をしたりお亡くなりになったりすると「あんないい人がどうして?」という言葉をよく聞きますが、いい人だからこそ病気になってしまうという傾向もあるのではないでしょうか?

次号へ続く・・

2020年1月8日

脳をやさしく鍛えて認知症を予防しよう Vol.3

4.なるべく早めに寝る

質のいい眠りは脳を活性化させます。遅くまで起きていると脳細胞がオーバーワークになり、機能が低下してしまいます。そうかと言って、眠り過ぎるのも良くありません。個人差はありますが7時間ぐらいを目安にすると良いと思います。昔から言われているように早寝早起きを習慣とすることです。

5.妄想を楽しむ

眠るとき、頭の中でいろいろと物語を作ってみてください。頭の中でなら、何を考えても罪にはなりません。不倫もノープロブレムです。できたら、ネガティブなことよりも楽しいポジティブなことを妄想することです。若い頃の楽しかったことを思い出してもいいでしょう。好き勝手に物語を作って、ニヤニヤしながら眠る…脳はとても喜びます。

 年を取れば、細胞の劣化は避けられません。何をやっても若い頃の脳には戻りません。しかし、劣化の速度を遅くすることはできるはずです。そのためには、若いときとは違った形での脳の使い方を工夫してください。

筋肉でも、若いときには大きな負荷をかけて鍛えることができましたが、年を取ったら軽い負荷で現状を維持するようにシフトしていきます。

脳も、柔らかな負荷、心地いい思考によって劣化を遅くすることができます。すると、これが認知症の予防になります。5つ全部は難しいと思いますので、1つでも挑戦してみてください。

2019年12月10日

脳をやさしく鍛えて認知症を予防しよう Vol.2

2.人と会って話をする

年を取ると、どうしても人と会うのが面倒になってきます。決まった人とばかり話をしていると脳も怠けてしまいます。初対面の人と話をするときには緊張します。緊張はずっと継続させておくと体調に悪影響を与えますが、ときには緊張することで脳は目を覚まします。今まであまり話さなかった人に声をかけてみてください。脳の刺激にもなりますし、話してみると意外に気が合ったり趣味が同じだったりと、人間関係が広がっていくこともあります。いい人間関係を持つことも認知症予防になります。

3.一日を振り返る時間を持つ

今日は何をしたか、一日の終わりに5分でもいいので朝から夜までを振り返ってみてください。日記を書くのもいいと思います。何となく流れていく一日ですが、振り返ってみると印象深いことも思い出されます。どこへ行ったか…どんな景色だったか…だれと会ったか…どんな気持ちだったか…。そして、できるだけネガティブなことよりも楽しかったことなどポジティブなことにフォーカスして、「ああ、いい一日だった。明日もがんばろう」と締めくくって、ゆっくりと眠ってください。

2019年12月5日