ブログ一覧

身体にいい食事とは?

テレビの健康番組を見ると、よく食品の新しい効能などが解説されていて、『○○を食べたら血糖値が下がった!』『○○で血圧が下がった!』などと謳っているので、テレビを観る度に食べる食材が増えてきてしまいます。

何を食べればいいのかは結構難しい問題です。菜食がいいとか肉食もいいとか、食前または食後がいいとか…食事のことを言い出すと、まさに宗教戦争並みの論争になってしまいます。

貝原(かいばら)益軒(えきけん)は『養生訓』の中で食事に関することにたくさんのページを割いていますが、その中で結論として言っていることは、“好きなものを食べるのが一番いい”という何とも拍子抜けするようなシンプルな答えです。

でも、よく考えてみると、好きなものというのは身体が欲しているものということではないでしょうか。肉が大好きな人が、好きだからと朝昼晩、毎日食べていたらどうでしょう…。高級なステーキであっても「もう食べたくない」ということになるのではないでしょうか。しばらくはあっさりしたものが食べたくなると思います。

人間の身体は、“好きなものだから”といって食べ続けられるものではありません。きちんと、必要なものを欲するようにできているのではないでしょうか。

身体が冷えている人は身体が温まる食べ物を欲する。逆に身体が火照っていれば冷やすものが欲しくなります。

ただし、現代人は味覚だけで食べ物を選ぶ傾向が強いので、身体が冷えているのに身体を冷やす甘いものばかりを食べている人も結構います。これでは困るわけで、自分の身体が何を欲しているのか、きちんとキャッチできる感性を取り戻さないといけません。

そのためにはどうしたらいいでしょう?そこで貝原益軒は“好物を少し食べる”と言っています。

好きだからと腹いっぱい食べていては、身体が何を欲しているかを感じ取るアンテナが麻痺して鈍くなってしまいます。好きなものを少しだけ食べて、「ああ、おいしかった!」と満足することで、感性も磨かれていくのでしょう。

「何を食べれば一番いいのか?」と、目くじらを立てて議論するのはバカバカしいことです。それよりも、自分の身体が何を求めているかを感じられる身体を作ることが大切なのではないでしょうか。

そのような身体を作るために、「好きなものを少しだけ食べる」工夫をしましょう。嫌いなものを「身体にいいから」と嫌々食べていても感性が鈍っていってしまいます。

そして、もうひとつ大切なことは、“楽しく食べる”ことです。いくら好きなものや身体にいい食事でも、イライラしながら壁に向かってしかめっ面でモグモグやっていては、プラスには働いてくれないでしょう。楽しく食事をして、感性を磨く食事をしましょう。

そして、食後に忘れてならないのが、ムコ多糖です。ムコ多糖が体に備わっていれば、体に必要な栄養素をしっかり吸収してくれます。

ランキングに登録しております。よろしければクリック願います。

2020年7月31日

食生活~『がん』と『認知症』の予防は似ている点がある Vol.3

もうひとつ大切なことは、栄養素のことばかり考えずに、ときには大好物を食べて喜ぶことです。でも、食べ過ぎは禁物なので好きなものをたくさん取らずに味わって食べる。お肉が好きな人なら、たまに上等な肉を少なめに食べる喜びを習慣にするといいのではないでしょうか。

また、食べるときには、“しっかりと噛む”ことも大切です。噛むことで唾液がたくさん出て、消化や解毒が促進されます。噛むことはあごの運動にもなります。散歩をすることで血流が良くなるように、顎を動かすことで脳にたくさんの血液が供給され、認知症の予防になります。

食材の良し悪しだけでなく、“食は楽しむこと”それに食べ方にも気を配って、がんや認知症になるのを予防してください。その上でムコ多糖をとれば、体内の水分環境が整い、細胞に栄養素をどんどん吸収していくので鬼に金棒です。

2020年7月7日

食生活~『がん』と『認知症』の予防は似ている点がある Vol.2

高齢者は激しい運動をすることがあまりないので、エネルギーをたくさん取り入れる必要はありません。エネルギーを作り出すのは糖質です。

糖質と言えば、主食となるご飯とか麺類です。それに甘いお菓子類など。若いときのようにご飯を何杯もおかわりしたり、間食にお菓子を食べているとエネルギーが過剰になってしまいますので、糖質は控えめにしてください。

高齢者は若いときほど身体を作る必要もありません。身体を作るタンパク質もそれほどたくさんはいらないので、肉類に偏るのもよくありません。タンパク質をとるなら、魚とか大豆がいいでしょう。

その分、補充したいのは、身体の調子を整える成分であるビタミンミネラルです。こういう栄養素は不足しがちなのでたくさん摂った方がいいでしょう。つまり、野菜や海草中心の食事にするということです。それも、一種類の野菜ばかりを食べるのではなく、たくさんの種類を食べるのがいいです。

日本食は、小鉢に何種類もの副菜が出てきます。お浸しであったりひじきや小魚、漬物などなど。食事を楽しめる上に、まさにバランス良く栄養が取れます。

2020年6月30日

食生活~『がん』と『認知症』の予防は似ている点がある Vol.1

がんと認知症は“老化によって起こる全身的な病気”という意味でとてもよく似ています。また、なってしまうと治癒させるのが難しく“予防に力を入れることが大切”ということも共通しています。

免疫力の低下も原因のひとつです。がんはがん細胞を排除する力が弱くなることで、認知症の場合は脳内にできる異物(老廃物)を処理できないことで発症すると言われています。

がんや認知症を予防するにはどんな食べ物を食べればいいか、いろいろなことが言われています。一番多いのがバランスのいい食事をしましょうということですが、これではあまりにも漠然としています。

がんや認知症になるのは、高齢になると増えてきます。ですから、高齢者の特徴も考えた上での食生活が大切です。

高齢者は激しい運動をすることがあまりないので、エネルギーをたくさん取り入れる必要はありません。エネルギーを作り出すのは糖質です。糖質と言えば、主食となるご飯とか麺類です。それに甘いお菓子類など。若いときのようにご飯を何杯もおかわりしたり、間食にお菓子を食べているとエネルギーが過剰になってしまいますので、糖質は控えめにしてください。

2020年6月12日

免疫力を上げるために、胸を張って姿勢を正す

丈夫な免疫細胞を育むために必要な組織に、“胸腺”があります。
胸腺は胸の中央、心臓の少し上にあって、子供の頃に一番大きくなり、思春期以後年齢とともに小さくなっていきます。
胸腺では、免疫細胞の中のT細胞の生成に大いに関係しています。
ですから、姿勢が悪いと胸骨が開かず、免疫力活性に十分な力を発揮することが出来ません。
且つ、加齢とともに胸腺の能力も落ちてきますから、この胸腺の免疫力を活性化させるためには、まず猫背になり胸腺を圧迫せぬよう、日常より正しい姿勢を心掛けることが肝要となります。
鬱々とした日々が続いており、誰もが暗い気持ちになりがちですが、まずは姿胸を張って姿勢を正していることが、胸腺の免疫力を高め、感染症にも罹りにくい身体を作るために大切なことになります。胸腺

ランキングに登録しております。よろしければクリック願います。

2020年4月16日