ブログ一覧

適度な運動をして足腰を鍛える

これまで高齢者は、まず思考力が鈍ってきて、食欲がなくなり、最後に足腰が弱っていくというパターンが多かったようです。身体は元気なのに認知症になってしまうというのも困りますが、足腰が弱ってしまうと、家に閉じこもりがちになって、生活の範囲が狭くなってしまいます。すると、人に会う機会も減るなどして、楽しみがなくなってしまいます。

ある年齢になったら、足腰が弱らないように、何か対策をする必要があります。そのためには、“適度な運動”をする習慣をつけることです。適度な運動をすると、足腰が鍛えられるばかりではなく、食欲も出ますし、血流が良くなり、体温が上がって免疫力も高まります。そして何より気分がスッキリ爽快になります。本当に良いこと尽くめになります。

では、どんな運動をすれば良いのでしょうか…。

50歳以下の方なら、スポーツをするのもいいでしょう。でも、中高年になったら競い合うスポーツではなく、楽しむスポーツにした方がいいのではないでしょうか。

例えば野球をするとして、試合や練習であまり張り切らない。張り切り過ぎると、せっかく健康のためにやっているスポーツなのに、膝や腰を痛めたりします。ケガをすると若い頃のようにすぐに治らず、痛みを引きずってしまう場合が多いです。日曜日に野球の試合があるので、毎日、軽く走ったり、ストレッチングをするというのがいいのであって、試合では無理はせず、楽しくプレイすればいいでしょう。

そして、50歳を過ぎたら、スポーツというよりも、軽く体を動かす程度がいいでしょう(もちろん、個人差があるので、バリバリできる人はどんどんとやりましょう)。散歩とか軽いジョギング、ラジオ体操くらいがいいのではないでしょうか。気功や太極拳、ヨガもお勧めです。

散歩やジョギングなどは、体を活性化させるホルモンの分泌を促すということもあります。脳の働きも活発になり認知症の予防にもなります。

そんな運動習慣とあわせてお摂りいただきたいのが“ムコ多糖”。身体の疲れも取れやすくなりますし、ムコ多糖で身体をみずみずしく保つことで運動時のケガを予防することもできます。

身体を大切にするということは、じっとしていることではなく、適度に動くことです。そして、家に帰ってお風呂に入ったら、筋肉をマッサージしてあげてください。適度に運動をし、体をいたわる習慣がある人は、いつまでも健康でいられます。

2019年5月8日

お花見もいいけど、花粉がつらい・・

これから陽気が暖かくなると楽しいお花見の季節になります。外に出る機会もどんどん増えてきますが、花粉症の方には憂鬱なシーズンでもあります。

花粉の予防にはいくつかの方法がありますが、基本の一つは直接体内に入ってくるものを防

ぐこと。二つ目はもし体内に侵入してしまっても、大きな症状が出ないようにする方法です。

一つ目の体内への侵入を防ぐ方法で簡単にできる方法として、外出先から帰宅した際に玄関前で衣類についた花粉を払い落とすことがあります。付着しているものを払い落とすだけでも効果

が期待できます。また、マスクやメガネなどの小物を使って体内に侵入しにくい環境を整えるのもよいです。

二つ目は、体内に花粉が侵入してしまっても、大きな症状が出にくい身体づくりをすることです。これは短期間ではなく、長期的に続けていくことでより効果が期待できます。乱れた食生活は生活習慣病などの原因になるだけでなく、花粉による体調不良にも関係してきます。充分な睡眠とバランスの良い食生活が基本になります。

そして、力強い味方になってくれるのが、“ムコ多糖”です。ムコ多糖を活用して、花粉に強い身体を作っていただければと思います。もちろんムコ多糖はお薬ではありませんので、効果効能を謳うことはできませんが、ムコ多糖の特性から、次のような様々な効果が期待できます。

・ムコ多糖によって、眼や鼻、のどの粘膜が強化され、用意に花粉が身体に侵入しにくくなる。

・ムコ多糖がアレルギー症状のもととなるヒスタミンと呼ばれる物質の分泌を抑える。

・細胞の水分環境が整うことで、代謝が活発になり、解毒力が高まる。

などが考えられます。ぜひ、ムコ多糖を活用して、辛い季節を乗り切ってください。

2019年3月20日

冷え性の人はタンパク質を多めに摂るといい?

冷え性の方にとって、寒い季節はつらい時期です。特に女性の方に“冷え”でお悩みの方が多いと思います。

対策として、食材ではニンニクや生姜などの根菜類が有力ですが、栄養素として“タンパク質”を多めに摂ることも効果的です。タンパク質というと筋肉などを作る材料というイメージがありますが、それだけではありません。タンパク質が胃で消化される時や、分解されてできたアミノ酸が肝臓で更に分解される際に、たくさんの熱が発生します。この熱によって身体の内側から温められるという効果もあるのです。

また、筋肉量が少ないと身体が熱を生み出しにくくなります。運動をしていない状態の時でも、身体は熱を生み出しています。しかし、筋肉量が足りないとその熱も少ししか作られません。普段から運動をする習慣をつけて、必要な筋肉を維持することも大切です。寒いから動かない→動かないと筋肉が減る→筋肉が減るから寒さを感じやすくなる・・・と悪循環に陥ってしまいますので注意です。

寒い時期は鍋料理などが美味しい季節です。お肉や魚介類などタンパク質たっぷりの食材をふんだんに使った鍋料理などで、身体の内側から温めるのも良いでしょう。

『年を取ったから、肉や魚はあまり取らなくていい』というのは、大きな間違いです。長生きしている元気なお年寄りは、往々にして肉や魚もしっかり食べています。

ムコ多糖タンパク含有食品「バイオコーブン」「センテナリアン倶楽部」は、ムコ多糖の複合体として、良質なタンパク質も含んでおります。

また、冷え対策は“血流”を良くすることも必要ですので、血管の主要成分であるムコ多糖をしっかり摂って、血管を柔らかくしなやかに保ちましょう。血管養生することで、冷え対策は万全となります。

2019年1月24日

病気やけがを治すのは薬ではなく身体の “自然治癒力”

転んで膝をすりむいたとき、その傷がどうなっていくか、観察したことがありますか?
まず、血が出てきますが、やがて血は止まります。しばらくすると傷口にかさぶたができて、そのかさぶたがなくなると、新しい皮膚ができて、また元に戻ります。これは大変な人体の能力です。
外科医はそれを利用しています。手術をするというのは身体に傷をつけることですが、糸で縫って閉じる行為は、糸が傷口を塞ぐわけではありません。糸は一時的に傷口を押さえるだけで、傷がくっつくのは人体の持っている治そうという力です。
この修復しようとする力を“自然治癒力”と言います。古代ギリシャのヒポクラテスの時代から、自然治癒力という考え方はあったようです。
自然治癒力はケガだけでなく、病気の時でも働いています。免疫力も自然治癒力のひとつと考えてもいいでしょう。
インフルエンザなどが流行しても、職場や学校でインフルエンザに感染する人もいれば、しない人もいます。それは、免疫力の高さと密接な関係があります。インフルエンザのウイルスが体内に侵入すると、免疫力はウイルスを排除しようと働きます。その働きが高いレベルで正常に働いていれば、インフルエンザに感染しません。感染しても発病を抑えることができるのです。
ガンもそうです。私たちの体内では、毎日、数千個のガン細胞が生まれています。それを、免疫力などの力を総動員して排除しているのです。
このように、私たちには自然治癒力というすばらしい力が与えられています。
これをうまく働かせることができれば、病気になることはありません。なっても、軽症で済んでしまいます。
自然治癒力を正常に働かせるには生活を正すことです。食べ過ぎない・飲み過ぎないとか、野菜中心の食事を取ったり、過度なストレスを減らすようにして、睡眠をしっかり取ることです。そして、ムコ多糖もしっかり摂取しましょう。
ムコ多糖で細胞を活性化させることは自然治癒力に直結します。身体をみずみずしく保っていれば、身体を自然に本来あるべき健康な状態に保とうとする力=ホメオスタシスが活性化します。
生活を正しつつ、ムコ多糖を上手に使って、自然治癒力を高く維持してください。病気を治すのは薬ではありません。自分の力です。その力を最大限利用するために、ムコ多糖を活用してください。

2018年11月22日

足湯で身体を温め免疫力をアップする

温泉地へ行くと必ずと言っていいほど足湯の施設があります。くるぶしあたりまで温かい湯につかっていると体全体が温まってきます。昔から、“風邪の引き始めに足湯をすればひどくならない”と言われています。ぜひ、自宅でも足湯をしてみてください。

自宅での簡単なやり方を紹介します。まず容器は熱湯に耐えられる材質のものを2つ用意します。一つは、自分の足よりもひと回り大きいもの、もうひとつは、更にそれが入る大きな容器。大きい方の容器には熱湯を少しだけ入れます。その中へ小さい方の容器を入れて両足を入れ、くるぶしあたりまでお湯を入れます。これでいわゆる湯煎の状態になります。

足をつけているお湯が冷める前に熱湯を外側の大きな容器に注ぎ足せば、小さい容器の温度を一定に保つことができます。温度は熱めのお風呂くらいにします。冬の時期は最初温めでだんだんと熱くしていくと良いでしょう。一日10分くらいが目安です。

身体を温めることが大事だということはよく言われているので、毎日体温を計っている人もいると思います。36度5分ほどあれば一番良いです。しかし、わきの下で測定した体温はそれくらいあっても、足が冷えているという人は結構います。足にはいろいろな神経が集中していて東洋医学で言うツボもたくさんあります。冷えるというのは血流が滞っているということなので、足の冷えは全身に影響を与えます。

お湯の中に好きなハーブや薬草を入れるのもいいでしょう。自然塩や岩塩を入れるという人もいます。その辺りは好みに合わせてください。

そして、足湯から上がったら白湯を飲んでください。温かさが持続します。足先が冷えて眠れないという人は、就寝前に足湯をするといいでしょう。

これから暖かくなってきますが、血行を良くするためには、春になっても夏になっても続けて構いません。そして、ムコ多糖もしっかり摂れば、血流は更に良くなり、足先もポカポカで全身温まるでしょう。

2018年9月20日