血液がドロドロになると目の周りにクマができる

職場や駅ですれ違う人の顔を少し観察してください。たまに目の周りに黒っぽい “クマ”ができている人がいます。

ある程度の年齢になると目の下の皮膚から水分が抜けて、たるみが出ることで影ができることもありますが、若い人でも目の周りが黒ずんでいる人が増えています。パソコンやスマホなどで目を使いすぎて疲れていることも、影響していると思います。

昔から、目の周りのクマは疲れの証拠と言われています。若い人でも寝不足が続くと、目の周りが黒くなることがあります。しかし、疲れが取れればクマも取れていきます。問題は慢性的にクマがある人で、これは病気の兆候があると捉えることもできます。

目の下の皮膚はとても薄くて、血管の状態が反映されます。つまり、血管が黒ずんでいる危険があるのです。血管が黒い場合、ドロドロの血液になっているかもしれません。

血液の劣化は様々な病気の原因になります。血液が流れにくくなりますので、心臓は激しく動かないといけません。そのため大きな負担がかかって頭痛めまい、動悸、息切れといった症状が出ることがあります。更に血管には今まで以上の圧力が必要になるので高血圧になります。全身に血液が巡りにくくなって、疲れやすかったり、手足が冷えたり、集中力や思考力が低下し、それが進むと動脈硬化になって、心筋梗塞脳梗塞といった重病につながることもあるので注意が必要です。

クマがあれば、まずは血液が劣化しているのでは?と疑ってください。よく眠れていないのでは?砂糖や脂肪を摂り過ぎていないか?お酒を飲み過ぎていないか?タバコの吸い過ぎでは?働き過ぎやストレスは?

まずは毎日の生活をチェックして、不健康だと考えられていることは正すことです。目の周りがその“バロメーター”になってくれます。最初はクマだけで済んでいたのに、それを見過ごして無理を続けると、やがてはドカンと大きなトラブルに見舞われて、取り返しがつかなくなることもよくあります。

“ムコ多糖”は血管を柔らかくしなやかに保ち、血液を全身に行きわたらせてくれます。目のクマが気になる方は、血管養生のために積極的に摂取してください。

ランキングに登録しております。よろしければクリック願います。